CAAD9-6日記

北摂をぶらぶら走ってるロードバイク乗りのブログ

水曜練スペシャル あらぎ島 千葉山

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=14935dae11eddaebd28a8b68cb7b1ee0

今回のルートはこんな感じ。

ルートラボとは逆周りですが(せつおさんに説明するの忘れてました、すみません)。

もともとは遠征に行く予定だったのが、天候がどうも思わしくないってことで急遽行き先変更。

暑い中走るのは良くないとじゅうじゅう承知してますが、久しぶりにロングに行きたかったので決行。

 

3時半起床。 

f:id:CAAD9-6:20160803210703j:plain

4時半に近所のコンビニでせつおさんにピックアップしていただきます。

ありがとうございました。 

せつおさんが来るまで少しコンビニの前で待っていたのですが、その間スペシャのロードの方が山方向へ。。

こ、こんな時間からですか。。

f:id:CAAD9-6:20160803210715j:plain

以外に車が多い高速から下道をつないで6時過ぎに道の駅くどやまに到着。

高野山のふもとにあるので、ほんと便利な立地です。

せつおさん入魂のカスクートとコーヒーをいただきます。

ありがとうございます。 

曇り予報だったと思うのですが、きれいに晴れて暑くなりそうな気配がムンムンです。

 

f:id:CAAD9-6:20160803210726j:plain

で、 6時半ごろ出発。

スタート直後から体が重い。

ついていけなくなるのも時間の問題だったので『ファミマで待っておいてください』と伝えるとペースを落としてくださいました。

落としてもらっても、それでもしんどいんですが。

いやしかし、ここは程よい斜度で、自分のような人間でもクルクル回して走れるので好きです。

残り4キロほどでせつおさんから千切れて、マイペースで走りますが、いやしかし長い。。

 

f:id:CAAD9-6:20160803210738j:plain

まだかまだかと思っていたらようやく大門到着。

51分くらい。あきませんなあ。

涼しくて気持ちよいですが、毎度のようにすでに濡れ濡れ。

もうすでにしんどい。

 

f:id:CAAD9-6:20160803210747j:plain

ヨロヨロとファミマへ。

お利口な犬がいました。かわいいですなあ(ちなみに飼い主はお坊さんっぽい人でした)。

土地柄なのか、ファミマに出入りする人も坊主アタマ&作務衣率が高い気が。。

ボトル補給して、補給職食べながら、涼しい中しばらくホェエ~とします。

しんどくて『もうこのまま下山しても良いかも』と思えてきます。

ソロだったらここで帰っていたかもしれませんw

 世の中いろんな人がいるもんだなあというシーンを目撃しながら、重い腰を上げて出発。

f:id:CAAD9-6:20160803210758j:plain

早朝の高野山の町が好きです。 

 

f:id:CAAD9-6:20160803210810j:plain

 市街地を抜けると、すぐに山道へ。

このギャップが好き。

371へ入るのですが、最初のトンネルが8時から通行止めの看板が。

サイコンを見るとちょうど8時!

ガードマンのおっちゃんが『通ってエエヨ』と言ってくれたので、そのまま通過できました。

371は序盤は石ころ&穴ボコが多く、ブラインドコーナーも多いのでゆっくり慎重に下ります。

f:id:CAAD9-6:20160803210821j:plain

 川もきれいですわあ。

f:id:CAAD9-6:20160803210856j:plain

 ほぼ日陰の道をゆるゆる進みます。

f:id:CAAD9-6:20160803210922j:plain

 景色が開けてくると、山奥なんだなあと実感。

f:id:CAAD9-6:20160803210942j:plain

 基本下りで時々上りのある道をひた走ります。

途中で371から480へ。

二車線の走りやすい道を40キロくらいでローテしながら走りますが、道の駅がなかなか見えてこない。。

f:id:CAAD9-6:20160803211016j:plain

 『まだかまだか』と思っていたら、ようやく道の駅しみずに到着。

走っている時はそうでもなかったのですが、止まると暑い。。

あまりにも480が長いので『このままのペースでは無理やな』ということをようやくここで悟りw、ここからは若干ペースを落として。

f:id:CAAD9-6:20160803211029j:plain

 有田川沿いを走りますが、川がすごくきれい。

ザ・田舎って感じで、良いところですなあ。

キャンプとかしたことが無いんですが、こういう所でやってみたいなあと思いましたね。

途中で480をいったん逸れて、1キロくらい走って『あらぎ島』の展望所に到着。

f:id:CAAD9-6:20160803211052j:plain

 思いのほかきれいでした!

秋に来たら、また良い感じなんでしょうねえ。

再び480へ戻ってローテ開始。

走っていると前方になかなか立派なつり橋が!

興味本位で寄ってみることに。

f:id:CAAD9-6:20160803211134j:plain

 下はスケスケ。

自分は高いところがまるでダメなので端のワイヤーを握りながらアシモのように進んで、3分の一くらいのところで引き返します。

そんな中、自転車に乗ったまま端まで往復する山の神。。鳶職もイケるんちゃいますかw

で、再び480を走ります。

ホンマに480長かった。。

じょじょに腰が痛くなってきて、ボトルも空になってきたので自販機で止まってもらいます。

 f:id:CAAD9-6:20160803211156j:plain

この頃には止まると熱気がすごい!

うーんきつい。。 

その後もひたすら走って、ようやく有田川町役場近くのファミマに到着。

 f:id:CAAD9-6:20160803211215j:plain

 パスタとコーラを摂取。

レジで会計の間も汗が落ちてきて、レジの方にご迷惑おかけしました。。

靴も脱いでホェエ~としながら休憩。

ガラス越しにサイコンの表示を見ると、なかなかの気温。。あえて書きませんが。

 f:id:CAAD9-6:20160803211237j:plain

重い腰を上げて、今回の最終目的地に出発。

とりあえずゆっくり走ってくださいとリクエストを出して、ゆるゆる走ってもらいます。

 川沿いなので風が涼しくて助かりました。

f:id:CAAD9-6:20160803211259j:plain

 阪和道をくぐってから右折して、いよいよ東洋のラルプデュエズ、千葉山へ!

みかん畑の間を縫うように走る道が下からも確認できます。

事前の情報どおり、南斜面の道には日陰は一切無し。。

とりあえず各々のペースで消耗しないようにエッチラオッチラ上ります。

 f:id:CAAD9-6:20160803211331j:plain

ぬうぅ、良い眺めです。

ってどうでも良いくらい暑い。

f:id:CAAD9-6:20160803211355j:plain

 たぶん、あの風力発電施設の近くまで行くんでしょうが、なかなか遠い。。

消えかかってましたが地面にはALLEZと書かれていて、ピーク手前にはSPRINTって書かれてましたが、どうでも良いくらい暑い。。

 

f:id:CAAD9-6:20160803211421j:plain

ピーク手前の日陰で二人で少し休憩した後、ピークに向かって最後の坂を上ります。

自分は農業用水をお借りして、ジェルでベトついた手を洗っていたので、お待たせしてしまってすみませんでした。

  

f:id:CAAD9-6:20160803211436j:plain

 途中にあった神社。

漠然としたご利益の中に選挙の当選祈願ってやたら具体的な内容が書いてあるところが変な感じw

一瞬159に入って、すぐに右折。

ストリートビューではここに自販機があったのに無くなってる。。

仕方ないので先に進みます。

 

f:id:CAAD9-6:20160803211453j:plain

 なかなかの斜度のコンクリート路面の道を進み、事前にストリートビューで予習しておいたとおりに走ると有田東急ゴルフクラブに出ることができました(この状況で道間違えてたら切腹もんやなとハラハラしてましたw)。

ゴルフクラブ周辺も自販機が無さそうなので、そのまま18号を下ります。

 せつおさんは初めての道でも下りが速いですね。

自分はビビリなので置いていかれます。

ツールで何も無いところでプロがステーンと落車してる映像を見てしまうと、どうも怖くなってくるんですねえ。

f:id:CAAD9-6:20160803211507j:plain

 で、途中でようやく待望の自販機が出現!!

ペプシの500を摂取。

 f:id:CAAD9-6:20160803211540j:plain

 18号からちょっと370を走って、阪井を右折して169へ。

ほとんどせつおさんに牽いてもらって再び370へ。

 

f:id:CAAD9-6:20160803211559j:plain

 自販機で休憩した後、最終ステージの高野山方面へ向かいます。

自分でルートを引いたにもかかわらず370の長さを把握していませんでした。

頑張ってペースを保ちながら走りますが、道端の『高野山まで30キロ』の標識で心が折れます。。

腰もかなり痛くて、せつおさんから遅れて、もう前方にチラチラ姿が見えるくらいの距離に。

幸いにもこの頃には暑さはそれほどでも無かったのですが、とにかく力が出ない。。

斜度もほぼ平坦に近い道なんで、普通なら走りやすい道のハズなんですが、2倍強でいっぱいいっぱいの状態でヨロヨロ進みます。

『どこかで休憩したいなあ』と思いますが、せつおさんにそれを伝える方法が無い。。

自分が上がって追いつくのが唯一の手段なので、いちおう頑張ってみますが、距離もなかなか縮まりません。。

 

f:id:CAAD9-6:20160803211613j:plain

 と思ったら、途中の自販機で待っていてくれました!

いやあ良かったw

もう腰を下ろすのもしんどい。

コーラを飲んで、残り距離が少しであることを確認。

ほんとに重い腰を上げて出発。

 

f:id:CAAD9-6:20160803211626j:plain

 まだかまだかと思っていたらようやく、高野山方面への分岐に出ました!

ここから矢立の交差点(矢立からはずっと下り)まではそんなに距離が無いはず!

焼餅屋が並ぶところから勾配が急に。

耐えがたきを耐えながら走って、矢立の信号が見えた時の嬉しさはなかなかのモンでした。。

 

f:id:CAAD9-6:20160803211640j:plain

 ベンチに座ってトロピカーナを摂取。

キツかった。。

あとは道の駅に向かって下るだけ。

長い下りを下って、平坦部分をせつおさんに牽いてもらって、ようやく道の駅に帰還!

長かった。。

道の駅で梨と桃を購入した後、風呂屋へゴー!

さっぱりしたら身も心もホッとしましたよ。

そこからせつおさんに運転していただき、なかなか混んでいる↓道を走って、阪和道→近畿道で帰宅。

お疲れのところ終始運転してもらってありがとうございました!

走ってる時も8割方牽いてもらってましたし。。

次回の霊峰遠征は自分が車用意しますんで。

今回はけっこう早い段階で背筋が痛くなってしまって、平坦部分でも思うように走れませんでした。

何か対策せねばと思う今日このごろです。

 

とはいえ今回のルート、10月くらいなら相当走りやすいんじゃないかと思います。

激坂も無いですし。

いつかもう一回行ってみたいですね、有田ラーメン付きで。

kamiさん、FTP計測できる道ばっかりですよ、どうですか(笑)

 

走行距離 たぶん170キロくらい(途中7キロくらいセンサー拾ってなかったので)

平均気温 30.8度

獲得標高 2690.2メートル

平均心拍 136bpm(ちなみに最高は165bpm) 

 

広告を非表示にする