CAAD9-6日記

北摂をぶらぶら走ってるロードバイク乗りのブログ

はじめてのSPD

最近、お腹が出てきて少しヤバいなと思っている今日このごろ。

下ハンで乗ってたら、太ももがお腹の肉に当たる感触が。。

 

昨年、福島に行った際に空港でSPDシューズの方を見かけて以来気になってはいたのですが、なかなか踏み切れず。

そんな中、ラファから新しいSPDシューズが出たので、これを機に思い切って導入してみることに。貧乏サラリーマンには大きな出費でしたが。

 

まずはペダル選び。

まったく知識が無いもんで、ネットで自分なりに検索。

いろいろ種類はあるものの、シマノとクランクブラザーズが有名どころのようで。

最初は両社クリートは共通なんだと思っていたのですが、形は似ているものの、どうも違うらしい。

f:id:CAAD9-6:20210401154244j:image

ペダルのデザインは、これがシュッとしていて良いなあと思ってました。

対してシマノのペダルは、ネットで画像を見た感じでは、何というかカニの裏面のような感じに見えてウーンという印象。

とはいえ、初めてのペダルなんでシマノにしとけば間違い無いかと思い、結局シマノに。

 

f:id:CAAD9-6:20210401121558j:image

迷った時は良いグレードってことでXTRに。
f:id:CAAD9-6:20210401121621j:image

いざ実物を見ると、思っていたよりサッパリした印象。
f:id:CAAD9-6:20210401121609j:image

両面でキャッチできるらしい。

 

f:id:CAAD9-6:20210402074715j:image

シューズはロード用と同じサイズ41。

履いた感じでは、気のせいかロードの方がタイトな気がしますな。


f:id:CAAD9-6:20210401121605j:image

シューズには4つ穴があったので、4つとも使うのかと思いきや、使うのは2個らしい。

かかと寄りの穴を使うことにします。
f:id:CAAD9-6:20210401121612j:image

ペダルに付属のクリートはコレ。

うーむ、小さい。

果たしてどのくらいの期間使えるものなのか、未知の世界です。
f:id:CAAD9-6:20210401121602j:image

いざクランクに取り付けてみると、小ぢんまりしていてなかなか良い感じ。
f:id:CAAD9-6:20210401121617j:image

試しに公民館まで一走り。

これは良いものだ。

上り坂での固定力も問題無いです。

踏み心地もまったく問題無し。

ペダルとシューズの設置面が少なそうに見えるんで、踏んだ時に何か違いがあるのかなと思ってましたが、そのあたりも特に違和感は無し、

両面でキャッチできるのもなかなか便利。

今回使用したクリートだと、はずし方もSPD-SLといっしょ。

とはいえ、SPD-SLの癖が抜けないので、ついついペダル面をひっくり返してしまいますがw

肝心の歩きやすさですが、これも当然歩きやすい。

マンションの階段を降りる時が一番恩恵を感じます。

とはいえ、これはこのシューズ特有の問題だと思うのですが、ソールのクリート取り付け部が踵部分より高いので歩きにくい。

クリートは飛び出していないのに、結局ソール前側だけで歩く形になってしまうのが残念なところ。

他のシューズではどうなんでしょうかね。

30キロくらいのライドではわからないので、美山まで走ってみましたが、何の問題も無し。

もうTTしたりすることも無いので、これからはメインはこれで行こうと思います。

ローラーがルックのクリートで、ルーベがSPD、ドグマがSPD-SLという三足使いになってしまいましたがw